浮島・嶋満神社の言われ


           「浮島」とは・・・。

そのむかし、神様がここに国を造ろうとして、高い山に登り、
大きな声で「カレキ、カレキ(おいでおいで)」と呼んだところ、
4つの島が集まってきた。
戸島、蛇島、烏島、そして後ひとつが渕嶋(浮島)であるという、言い伝えが残っています。
舞鶴東港のことを昔は「枯木浦」と言ったそうです。
古代の伝承にも浮島は登場してるんやね。

時代は下って・・・。
舞鶴市の東地域がまだ「新舞鶴町」だった大正14年の
「新舞鶴商工案内」には、

「かつては潮の干満に随って海上に現れたり沈んだりしていたので『浮島』と呼ばれる。」とあります。

「渕」とは川などの深くなっているところという意味なので、昔、「渕島」と言われていた理由がわかりますね。

また、
「昔は長谷山 (管理人注、古代の豪族の古墳があった) の岬だったが、地殻変動によって独立した島になり、最近埋め立てが進み、島の北面だけが海岸として残っている。」
とも書かれています。

山上の嶋満神社
山上の嶋満神社

拝殿の中にはまた小さな祠が
拝殿の中にはまた小さな祠が

           「八幡さん」の成り立ち

さらに「新舞鶴商工案内」から・・・。

「山上に嶋満神社がある。
創立年代は詳らかでないが、このあたりの海は渡船の要港だったので、たびたび妖族が進入した。

そこで宇佐八幡を祀って、人々はこれを八幡満大神として尊称した。
貞観年間(9世紀)には正二位という高い格式を賜った。」

「弘安4年(1281)蒙古来寇の時には敵国降伏の祈りがここでなされた。」とか。ビックリ!

つまり外敵からの侵入に対する守りの意味があったんでしょうね。

と言うことは、平安時代初期からここに八幡さんがあった・・・。
いえいえ、実はもっともっと古く、古墳時代からあったらしいということが、昭和50年代になってわかって来たのですが、それは「歴史的価値」のところでお話しましょう。

戦国時代の終わり頃には、この地を治めた織田方の武将、細川氏(管理人注、あの、細川護煕元首相のご先祖様) によって嶋満神社は丁重に祀られたようです。


お稲荷さん
となりにはお稲荷さん

正式な事歴書はこちら。
          
           浮島に温泉があった?

その後、浮島は江戸時代末期の新田開発のための干拓により、陸地化していきました。
そして明治、大正と進むにつれ、都市化の波にのまれた浮島は、新舞鶴の市街地に組み込まれて行き、田んぼは長谷山を削った土で埋め立てられて住宅地となりました。

再び、「新舞鶴商工案内」によれば、

この小高い山の下一帯は、当時公園で、「桜の木が多く、大運動場は野球に競技に絶好」
また、「町公会堂や浮島温泉もあり遠く近く、遊びに来る人が絶えない。」

なんと浮島は当時の「一大アミューズメントゾーン」やったんやね。

当時を知る人の話では、グランドはスタンド(観客席)を備えた本格的なもので、昭和11年(1936)ベルリン五輪、棒高跳びで銅メダルに輝いた舞鶴出身、大江季雄選手の模範演技も行われたそうです。


当時の浮島公園
当時の浮島公園

           戦争と浮島・嶋満神社


日中戦争から第二次大戦に向かう頃、嶋満神社の土地は周辺住宅地とともに軍に強制収用され、立ち退くことになりました。

それまでの浮島の歴史的価値は長い間、軍によって蓋をされて来たため、地元の人にさえ、知られることはありませんでした。
しかし近年いろいろな資料から、海とともに生きるこのあたりは縄文、丸木舟の時代から丹後地方の中でも重要な地位を占めてきたことが、次第に明らかになって来ています。

浮島の絵地図
昔の浮島を再現した絵地図

         現代の浮島・嶋満神社と私たち


その後、嶋満神社は戦後はるか、昭和36年にやっともとの土地に帰って来ることができたのです。
そして、現在に至るまで八幡さんは「嶋満神社奉賛会」によって大切に護られています。

嶋満神社の浮島復帰を伝える昭和35年7月の両丹PR新聞は、この一帯を、

「北方眼下に白糸海を見下し、海を隔てて、はるかに海上自衛隊舞鶴教育隊の広大な広場や建物が望見される。
東の麓には定時制高校校舎や校庭、南の麓には洋画封切館の東宝浮島映画劇場 (そう言えばあったなあ・・・管理人) が毎日毎日映画ファンで賑わい、浮島繁華街の容相を呈している。」

「東西に川を望む景勝の地で交通至便、麓は活動的雰囲気に満ち、丘は静寂の森である。
動より静を求めて、森を散策するアベック組も少なくない。」

と書いています。(神様もビックリですね。)

現在も麓にある高校の前庭では、毎年8月に地蔵盆行事が行われ、模擬店や様々な野外イベントでおお賑わい。
これにあわせて八幡さんの例祭も執り行われ、地元の一大行事となっています。

昔も今も、「八幡さん」は私たちの心のよりどころ、そして浮島は「すばらしいまち」なんやね。
「浮島はなまるクラブ」で地域の先輩から昔のお話をお聞きしました。
「浮島はなまるクラブ」で
地域の先輩から昔のお話をお聞きしました


大正年間の番地入り地図(コピー)は
こちら
※下が北、嶋満神社(地図では浮島八幡社)の後方まで海が湾入していたことが
わかります。(白糸港湾)

「浮島・嶋満神社の歴史的価値」へ
戻ります
嶋満神社・トップ
浮島はなまるクラブ・トップ