嶋満神社のある山へ登ってみよう

市街地の中の嶋満神社 今はすっかり市街地の中、という印象ですが、
「浮島」という名から推測されるとおり
その昔、このあたり一体は海べりで、
神社のある山だけが、頭をのぞかせていたそうな。
そして引き潮になれば陸と地続きになる不思議な島だったとか。
嶋満神社参道入り口

平成17年の鳥居前
嶋満神社参道入り口 平成24年

平成24年の鳥居前
嶋満神社参道その1

嶋満神社参道その2
参道は一見険しそうですが、石造りで整備されており、
徒歩約3分で頂上です。
嶋満神社山上の鳥居 はい、もう着きましたよ。

さして広くない山上には立派な朱塗りの鳥居と
小さな拝殿があります。

詳しい山上の様子は「嶋満神社の言われ」の
ページに記します。

頂上の小さな平地には立派な大木が。(平成22年7月撮影)
嶋満神社山上からの眺望、海の方

嶋満神社山上からの眺望、東側
山上から眺める湾内(上、北海道行き大型フェリーが見えます。)と
東方市街地(下)

今は鬱蒼とした古木で、視界はよくありませんが、
往時には舞鶴湾をはるかに見渡せたことが
しのばれます。

画像をクリックして拡大してみてください。
嶋満神社下山時の眺望 下山時には前方に大きく眺望が広がります。
お参りをしたあとは、すがすがしいですね。

「浮島・嶋満神社の言われ」へ
戻ります 
嶋満神社・トップ
浮島はなまるクラブ・トップ